カメラ転売は曜日が重要?仕入れや出品は何曜日が最適か。

ユーランです。

過去にコンサル生から
『仕入れやすい曜日はありますか?』
という質問がありました。

今回はカメラ転売での
曜日の重要性
について
説明をしていきます。

カメラ転売 曜日

仕入れやすい曜日は?

まずは仕入れやすい曜日について
考えて見ます。

季節や連休などの状況によって
多少の変動はありますが、

ヤフオクで最も仕入れが
出来る曜日は日曜日です。

日曜は多くの人が休日で
オークション終了日を
日曜に設定するため
出品数が圧倒的に多いです。

土曜日に関しては
日曜日ほどではありませんが
やはり出品数が多いので
平日よりは仕入れやすいです。

週末は当然仕入れのライバルも
増えますが、それ以上に
出品数が多いので、

仕入れやすさで言うと、
日曜>土曜>平日
のような形になります。

平日は?

じゃあ平日の仕入れやすさ
どうなのか?

という点ですが、ある程度の
仕入れスキルさえあれば
平日でも仕入れが出来ます。

ただ、週末の金曜日は
避けた方が良いです。

週末は多忙な方が多く
出品数が少ないので、

僕の場合、金曜日は仕入れをせず
出品作業の日
としています。

それ以外の月~木曜日は
どの曜日も大体同じような
仕入れやすさだと思っています。

ただ、平日の場合は、
仕入れやすさに
波がある事が多いです。

月曜日に1つも仕入れが
出来なかったとしても、

翌日の火曜日には、
大量に仕入れられた
なんて事も良くあります。

ですので、平日に仕入れが
出来なかったとしても、
そこで落ち込むのではなく、

仕入れが出来なかった翌日は
チャンスだと期待して
プラスの気持ちで挑戦しましょう!

カメラ転売 曜日

出品に最適な曜日は?

上記では、仕入れやすい曜日について
説明をしましたが、では出品の場合は
どの曜日が良いのでしょうか?

ちなみに、
事前に売値を決めて、
定額価格で出品する場合は
当然ですが曜日は関係ありません。

曜日を気にする必要があるのは
1円出品を利用する場合です。

1円出品をする場合、
オークション終了日は
何曜日に設定すべきか?

結論から言うと、
どの曜日でも良いです。

無難なのはやはり
多くの人が集まる日曜日ですが
1円出品を使う=資金回転が目的
となるので、

全商品を日曜日に設定してしまうと
資金回転が追いつかなくなります。

データは参考になるのか?

巷にはオークファンプロなどの
有料ツールで詳細データを確認し、
高値で売れている曜日に合わせて出品する

といったノウハウもありますが、
正直、そのやり方は
あまり効果的ではないと思っています。

データを見るにしても
落札履歴が数十件あるような
人気カメラならわかりますが、

直近で落札数の少ないカメラの場合
たまたまどこかの曜日に売れただけなので、
曜日のデータは参考になりません。

また、高値で売れたように見えても
実は仲間内で価格の吊り上げをしていたり

お客さんが出品者に価格交渉を持ちかけて、
データ上は高値で落札されていても
実際は安値で落札されている事もあります。

何より僕の経験上、データでは
高値で売れていない曜日でも
結果的に高値で落札された事も
多々ありました。

ですので、出品時の曜日については
あまり気にする必要はないと思います。

ちなみに、曜日は関係ないですが
毎月25日の給料日以降は
世間的に財布の紐が緩むので、
特に商品が売れやすくなります。

これはカメラ転売に限らず
輸入転売をしている友人も
月末の売上げは半端ない!
といつも言ってます・・・

安値で落札されないために

出品する時には、
曜日は気にしなくて良い!

という事をお伝えしましたが
何の対策もなく1円出品をしてしまうと
そのまま安値で落札されてしまう
可能性も充分にあります。

誰もがなるべく安値で
売りたくはないですよね。

そこで1円出品で大きな赤字を
防ぐ方法を2つ紹介します。

1.最低落札価格をつける

ヤフオクの有料オプションである
最低落札価格を設定して
出品する方法です。
※最低落札価格の説明は省略

メリットとしては、
定額出品よりは入札が入りやすくなり
設定した価格以上の入札があれば
想定通りの利益を確保出来ます。

デメリットとしては、
最低落札価格が設定されているだけで
落札出来る期待が減るため
入札を嫌がる人が増えます。

そのため、通常の1円出品よりも
入札数が少なく、高値で落札される
可能性が減ります。

2.オークションの取消をする

1円出品した商品が、自分の
売りたい金額に届かない場合に、
オークション終了時間の直前で
取消しを行う方法です。

メリットとしては、
最低落札価格をつけた時より
入札数が増え、価格が
上がりやすくなります。

デメリットとしては、
常に価格の確認が必要なので
オークション終了時間直前まで
画面に張り付いて
チェックする手間が出ます。

また、オークション終了の
数十秒前で取消しの操作をするため
万が一操作をミスした場合、
大きな赤字となる可能性もあります。

それと、オークションの取り消しは
落札できた!と喜ぶお客さんを
ガッカリさせてしまう行為です。

そのため、後日質問から
取り消したことに対してのクレームや
最悪の場合、その後の
いたずら入札などにもつながります。

そのため、僕はあまり推奨しませんが、
状況に応じて上手く利用すれば
大きな赤字は防げます。

さいごに

今回はカメラ転売での曜日について
説明をしました。

今回の内容はあくまで僕の経験や
周りの仲間の意見を聞いての見解ですが
少しでもお役に立てれば幸いです!

では、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です