『カメラ転売は飽和しました。もう終わりです。稼げません。』の真実

ユーランです。

良く聞かれる質問の1つに
『飽和の心配はありますか?』
という内容があります。

これはカメラ転売に限らず
どのジャンルでも多い質問かと思います。

ですが、この記事を見た後は
今後一切、この質問をするのは
やめましょう。

今回はカメラ転売やネットビジネスの
飽和に対しての考え方
僕自身の結論を書いていきます。

変化が当たり前の時代

飽和しないのか?の質問に対して
結論から先に言うと、

飽和などしないので、
そんな心配してる暇があれば
有意義な情報収集をした方が良い

というのが僕の結論です。

カメラ転売では常に稼げていますし
アフィリエイト、輸入、輸出etc・・
周りをみても、どのビジネスでも
未だに稼いでいる人が山ほどいます

アフィリエイトなんて
もう10年以上前から
続いているビジネスモデルですし

物販ビジネスでは、
この世に物が存在し、
中古販売が認められている限りは
稼ぎ続けられると思います。

良くビジネスの世界は
『停滞=死』
と言われています。

どんなビジネスの世界でも、
常にライバルが現れ、新しいモノ、
技術、発想が生まれ続けています。

同じ手法、同じ考え方で
永遠に安定して稼ぎ続けるなど
出来るわけがありません。

特にITが発達した現代では
時代の変化のスピードも速いため

大手企業でも、
次から次へ新商品を開発したり
常に新しい取り組みをしないと
あっという間に衰退していきます。

カメラ転売 飽和

そして、常に変化が必要なのは
ネットビジネスでも同じです。

例えばアフィリエイトでは、
自分のサイトに貼った広告から商品が売れたら
報酬が発生する仕組みがある限り
稼ぎ続けられるはずです。

ただ、読者の集まる人気サイトを
作るためには、最新のノウハウや、
その時々のSEOの状況に合わせて
的確な対策をする必要があります。

そのためアフィリエイトで稼ぎ続けるには
常に最新の情報を集めながら、
時代の変化についていく努力が必要です。

カメラ転売(物販)でも同じです。

この世にモノが存在して
中古商品の販売が出来る環境さえあれば
価格差は生まれるはずなので
稼ぎ続けられるはずです。

ただ、一時的に稼ぎやすいだけの
人気カメラばかりを売っていたり
誰でも稼げる簡単なノウハウでしか
利益を出せないような場合、

それらはいずれライバルが増え、
稼げなくなると思います。

ですが、カメラ全般を扱える
相場観を身につけたり、
特定のノウハウに頼らなくても、
稼げる目利き力を身につけるなど

常にスキルを磨く努力があれば
稼ぎ続けることが出来ます。

参入者が増えたら飽和する?

カメラ転売 飽和

確かに、稼げる能力を持った人間が
多数参入してきたら、
その時は飽和するかも知れません。

ですが、現状で考えて欲しいのですが
あなたの周りに、カメラ転売で
月収30万円以上を稼いでいる人
何人居ますか?

少し前に、ある情報発信者が
誰でも稼げます!という内容の
カメラ転売の教材を400本?くらい
販売したことがありました。

単純に考えれば、400人のライバルが
参入する事になります。

ですが、その時期に仕入れが出来ないと
感じた事は一度もありませんでした。

400人が教材を買ったとして
買っただけで満足する人が大半です。

実際に今でもカメラ転売に
取組んでいる人などせいぜい数人でしょう。

その中で、月収30万円以上稼いでいる人は
一体どれだけ居るのでしょうか。
※今の状況は正確には知りませんが。

それくらい、ネットビジネスに
本気で取組める人は少ない
という事です。

ですので、飽和の可能性を高める
ライバルと言えるような存在が
一気に増えることなど
今後も恐らくはあり得ません。

少なくともあと数年は
飽和の心配などしなくて良いと思います。

そんな事を気にするくらいなら
稼ぐために少しでも役立つような
情報収集をしましょう!

という事で、今回は以上です!
あなたのお役に立てれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です