カメラ転売 ガンガン売るための商品写真の考え方

こんにちは、ユーランです!

今回はカメラ転売で、商品を出品する際の
「写真」について説明していこうと思います。

カメラ転売で出品の段階まで進んだら、
こうした疑問が出てくると思います。

撮影用のカメラは何を使うべき?
撮影キットなどは必要?
写真はどう撮れば良いの?
売れやすい写真の撮り方は?

こうした内容について、
動画で詳しく解説しています!

撮影用のカメラは何を使うべき?

結論から言って、商品撮影で使うカメラは、
「スマホ」や家にある「デジカメ」でOKです。

というのも、
本格的にカメラ転売を開始する場合、
写真撮影は外注化する人がほとんどです。

仕入れた全ての商品を、
自分で1つずつ写真撮影するのは
大変手間がかかってしまいます。

そうした時間や手間を無くすために
早い段階で、写真撮影は外注化しましょう。

昔はそうした外注化の情報やノウハウがなく、
自分で一眼レフカメラや撮影キットを揃え、
全ての写真を自分で撮影していましたが、
今はかなり楽に稼げる環境になっています。

そのため、商品写真の撮影用に、
高いカメラやレンズを揃えても、
お金がもったいないだけです。

もちろん画質も汚いよりは
キレイな方が良いですが、
「写真がキレイだから売れる」
という事はありません。

自分が中古品を購入する時に、
どれだけ写真がキレイであっても、
商品自体の状態が悪ければ、同じくらいの値段で
状態良いものを買いますよね?

写真の画質よりも、
商品の値段設定や、商品説明の内容の方が
売上に影響を与えます。

スマホやデジカメでは、
画質が若干下がることもありますが、

写真がよほど暗かったり、
ぼやけているような事がなければ、
普通に売れていきます。

売れやすい写真の撮り方

では商品写真はどんな事を意識して
どのように撮影していけば良いか、
解説していきます。

とにかく枚数を増やす

写真はキレイである事よりも、
お客さんを安心させることが重要です。

そのために、出来るだけ多くの角度から
たくさんの写真を見せてあげましょう。

商品の見えない部分があると、
「キズを隠しているのではないか?」
と思われる可能性もあります。

そうした不安を無くしてあげることが
最も重要なポイントです。

今のシステム上、ヤフオクでは
最大10枚まで写真を掲載出来るので、
なるべく多くの写真を掲載しましょう。

他の出品者を参考にする

カメラのボディやレンズを、
どんな風に撮影すれば良いかわからない

慣れてないうちは、
そんな人も多いかと思います。

そんな時は、
既に出品している人を参考にしましょう。

カメラはメーカーや型番の種類こそ多いですが、
ボディ、レンズ、付属品 といった形で、
大きなカテゴリはその3つです。

ですので、写真の撮り方、角度などは
慣れてしまえばすぐに覚える事が出来ます。

そして、ヤフオク上では自分以外にも、
カメラを扱う出品者が山のように存在するので
そうした人たちの真似をすれば、
すぐにコツを掴むことが出来ます。

まずはヤフオク上や、オークファンなどで
何人かの出品者をリサーチしてみましょう。

そして、その出品者と同じように
写真を撮影してください。

角度、明るさ、など、
色々と調整することで、
出来るだけ近い形に出来ればOKです。

一番大事なこと

とにかく、写真撮影については、
「時間をかけないこと」が最も大事です。

よく、写真撮影にこだわるあまり、
沢山の時間を費やす人がいますが、

効率よく利益を出すには、
仕入れなど、利益に直結した作業に
時間を費やすべきです。

上記で説明してきた通り、
商品写真は特別キレイでなかったとしても、
お客さんに不安を与えないレベルで十分です。

写真撮影については、
・いずれ外注化する
・売れ行きには影響しない
この認識で作業を進めていきましょう!

今回は以上です!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です