カメラ転売 効率的に利益を出すための販路とは?

こんにちは、ユーランです!

今回は、カメラ転売についての販路について
解説していこうと思います!

仕入れた商品を売るために、
販路は多い方が有利です。

ただ、やみくもに販路を増やしても、
管理が大変になるというデメリットもあります。

今回は、カメラ転売での販路について
どのように考えていくべきか、
そうした点を解説していきます!!

動画はこちら!

カメラ転売 販路について

・ヤフオク
メインとなる販路です。
売上の大半はこのヤフオクになるので、
販路としては必須となります。

正しく利用していれば、
アカウントが停止になるような事もないので、
長期的に安心して販売が出来ます。

・アマゾン
ヤフオクの次に重要な販路です。

ヤフオクに比べ、アカウント停止などの
リスクは若干あがりますが、
こちらもマメに管理していれば、
停止されるような事もありません。

・メルカリ
販路として利用すると、より有利になります。

注意点として、仕入れで使っているアカウントで
そのまま出品してしまうと、「転売している」ことが
購入者側にわかってしまいます。

普通に利用している分には問題ありませんが、
メルカリはアカウントに対して
非常に厳しいと言われています。

アカウントを2重で利用していたり、
トラブルが多いとアカウント停止の可能性も
高くなってしまいます。

リスク回避などを考えると、
仕入れ用のアカウントと、
出品用のアカウントは分けて利用した方が良いです。

初心者の方は、まずはヤフオクと
アマゾンの2つを販路にしましょう。

・eBay
海外のオークションサイトです。
海外版、ヤフオクと考えればわかりやすいと思います。

日本のカメラは世界的に人気なので、
eBayで出品することで、より売り上げを伸ばす事が可能です。

デメリットとして、

・リミットアップが必要
・多少の英語力が必要
・手数料が高い

こういった事があります。
※詳細は動画で説明しています。

先ほども記載しましたが、
まずはヤフオクとアマゾンを利用し、
ある程度の利益が出るようになった段階で
eBayも利用していきましょう。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です