『成功者の共通点と特徴』多数のコンサル生指導で学んだ「成功する人と失敗する人の違い」とは?

こんにちは、ユーランです!

3期生のコンサルを本格的に開始して、
約1週間が経ちましたが、

既に見込み利益5000円~1万円前後の仕入れを
連発するコンサル生も出てきていて、
成長速度の速さに驚いている今日この頃です。

このペースで行動力を保てれば、
月収で10-30万円くらいは、
かなり早い段階で達成出来ると思います。

ここまで順調に成長出来ているのは、
僕の指導とコンテンツが良いから・・・

と、つい勘違いしそうになりますが、
全てはコンサル生達の努力と実力です。

コンサルをする上で、
再現性の高い指導を心がけているので、

指導通りの行動、継続の出来る方は、
良い実績が出せていると自負してますが、

人数が増えてくると、どうしても
途中で離脱してしまう人が発生しますし

100%全ての人に
良い結果を出してもらう事は、
非常に難しかったりします。

今回、コンサルを再開してみて、
稼げる人、稼げない人には、
それぞれに特徴があるんだなと、
改めて気付く事が出来ました。

『稼げる人と稼げない人の違い』
みたいな情報は良くみかけますが、

今回は僕自身が多くのコンサル生を
見てきた実体験を交えて、
それぞれの特徴を紹介しようと思います。

気遣いの出来る人は稼げる、自己中の人は稼げない

ビジネスに限った事ではありませんが、
常に周りに対して気配りの出来る人は、
何をやっても成功する事が多いです。

当然ですが、人間関係で考えても、
気遣いの出来る人は信頼されやすく、
自分勝手な人は誰からも相手にされません。

例えばこうしたブログ記事を書いていても、
役立つ内容や、面白い内容を届けるために、

・どうすれば読みやすいか、
・どんな人が読んでいるのか、
・どんな内容が喜ばれるのか、

読み手の気持ちを考えながら作成する事で、
ファンが増えていくことに繋がりますが、

話にまとまりがなく、
伝えたい事もわからないような
つまらない記事ばかり投稿しても、
すぐに離脱されてしまいます。

コンサル生の場合で考えてみても、
良い結果を出すコンサル生は、
質問1つでも相手が回答しやすいよう、
丁寧かつわかりやすい質問をくれます。

そうした人は、
基本的な挨拶がしっかり出来ていたり、
たくさんの感謝の言葉を伝えるなど、
さりげない気遣いが随所に感じられます。

気遣いが出来る人は、
多くの事に「気づく力がある」という事です。

気付く力があれば、
1つの情報に対しても、
数多くの気づきを得る事が出来るので、
結果的にビジネスも成功しやすくなります。

逆に最低限のビジネスマナーすら無い人は、
気づきが少なく、成長速度も遅いので、
成功する可能性が著しく低いと言えます。

自己責任の人は稼げる、他人任せの人は稼げない

成功者 成功する人 失敗する人

現在、僕の周りで順調に
ビジネスを展開している人は、

必ずと言って良いほど
『自己責任』のマインドを持っています。

現在のあなたが、

大成功していたとしても、
収入が全くなかったとしても、

幸せだったとしても、
不幸だっとしても、

全てはあなたが決断した結果です。

どんな人と付き合い、
どんな道を選んできたか、
決めたのは誰でもなく、自分です。

成功する人は、失敗した事を
自分の責任として受け止め、
次に活かす事が出来ます。

目標に向かって挑戦を続ける中で、
必ず多くの失敗がありますが、

その失敗をプラスに受け止め、
繰り返さない努力をしていけば、
成功に近づくのは当たり前ですよね。

成功出来ない人は、
失敗を他人のせいにしたり、
失敗を素直に認める事が出来ません。

そうなると、周りからの信頼も失くし、
改善しようという気持ちが生まれず、
同じ失敗を繰り返すので、
いつまでも成功に近づく事が出来ません。

過去に良い結果を残したコンサル生を見ても、
共通してこの自己責任マインドを持っています。

また、僕のビジネス仲間である伊達さんは、

過去に1円の価値もない、
80万円の情報商材を買わされたり、

ツール開発を依頼したプログラマに騙され、
50万円を無駄にした経験があります。

しかし、伊達さんは
『あの経験があったからこそ、今の自分がある』
と決して後悔を口にしませんし、
むしろ失敗して良かったと言います。

僕はこの話題をネタにして
『騙されやすい人』だと、
いつも伊達さんをイジるのですが、

たとえ失敗してもそれをプラスの力に
変えていける強靭なマインドに対し
実は尊敬の気持ちを抱いています。

反省する人は成功し、後悔する人は成功しない。

成功者 成功する人 失敗する人

自己責任マインドが大事と書きましたが、
だからといって、
自分を責め過ぎる事は良くありません。

コンサル生の中でも、
良い結果を残す人というのは、
共通して楽観的な人が多いです。

小さな事から大きな事まで、
何かあるとすぐに自分を
責めてしまう人が居ますが、

自分を責める人はストレスを溜めやすく、
行動を先延ばししやすくなるという
科学的なデータもあるそうです。

失敗を繰り返さないための反省は必要ですが、
過去の自分を責めるといった後悔は必要ありません。

『失敗は成功の母』

という言葉にもある通り、
成功するために、失敗は絶対に必要です。

例え失敗しても、それを乗り越えていければ、
少しずつでも成功に近づく事が出来ます。

謙虚な人は成功し、傲慢な人は失敗する

ビジネスが上手な人は、
謙虚な人が圧倒的に多いです。

良い結果を出すコンサル生を見ていても、
傲慢だったり、態度の悪い人は居ません。

元々性格が良い、というよりも
『謙虚である事の重要性』
を良く理解しているのだと思います。

人はどうしても、
物事が上手く進み調子が良くなると
周りへの配慮も疎かになりがちです。

その結果、あっという間に全ての物事が
上手くいかなくなっていきます。

最初に出会ったときは謙虚だったのに、
お金を稼いだ途端、別人のように
態度が変わる人も沢山見てきました。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
という有名な言葉もありますが、

偉くなればなるほど、
調子が良い時ほど、

謙虚な気持ちを持ち続けることが
非常に重要です。

さいごに

成功者 成功する人 失敗する人

今回は僕がコンサル生を指導する中で感じた、
成功する人、成功しない人
の共通点を書いてみました。

この記事を書く中で、
コンサルタントという立場でありながら、

実はコンサル生達からも
沢山の事を学ばせてもらっているんだと
改めて気づく事が出来ました。

今回のような自己啓発系の内容は、
油断しているとつい忘れがちですが、

この記事を読んでもらう事で、
定期的に自分自身を見つめなおす
キッカケに繋がれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です