『やる気ゼロの学生300人全員を本気にさせた伝説のスピーチ』を超絶わかりやすく解説

こんにちは、ユーランです。

今回はやる気、モチベーションを上げたい人
非常に役立つ情報を見つけたので、
解説していこうと思います。

やる気 モチベーション 上がる

少し前のことですが、
全くやる気の上がらない時期がありました。

皆さんも経験があると思いますが、
一度そういう状態にはまると、
何をどうしても全く行動出来ない
状態になる時があります。

そんな時に、ぼけ~っと
ネットサーフィンしていたところ、

『やる気のなかった大学生300人を
感動、本気にさせた伝説のスピーチ』

※動画リンクはページ最後に記載

という、何とも素晴らしいタイトルで、
約280万回も再生されている
夢のような動画を見つけました。

物凄いタイトルなので、
どんなもんかと閲覧したところ、

内容はとても素晴らしく、
僕自身もやる気やモチベーションが上がり、
行動力も飛躍的にアップ出来ました。

ただ、その動画では、
時間の大切さを熱弁している割に、
講師とされる人物がダラダラと話を続けて、

数分で伝わる内容を、
23分もかけて説明していました。

僕としては、それこそ時間の無駄だと
ツッコミを入れちゃいましたが、

その動画内容自体は素晴らしいので、
今回は僕の視点から要点をまとめてみました。

1.時間の価値

やる気 モチベーション 上がる

突然ですが、皆さんは
1万円札をシュレッダーにかけた事がありますか?

当然、そんな事をする人間は居ませんし、
実際にそんな人が居たら、余程の暇人か
頭のネジが外れた人だと思います。

では質問を変えて、
大学の授業料、1コマ(約90分)というのは
お金に換算すると一体いくらでしょうか?

大学の授業料というのは、
4年間で平均、約400万円かかります。

卒業までに124単位必要だとした場合、
1科目6万円となり、

1科目が15コマだとした場合、
1コマ約4000円という、計算になるそうです。

そのため、大学に入った時点で、
講義に出席しようが、欠席しようが
日常的に4000円分の時間が過ぎていく
という事になります。

更に言えば、
大学では、講義が受け放題であり、
教職員にも質問、相談し放題であり、
学食、図書館も自由に利用が出来ます。

社会に出てから、専門的な分野を学ぼうとしたら
大抵の事にお金がかかります。

身体を鍛えたい、英語を習いたい、など、
スキルアップのためには、
ジムや英会話スクールに通いますし、

様々な施設を利用する場合は、
必ずと言って良いほどお金がかかります。

そうした事を考えれば、
便利な環境、施設の揃っている
大学という場所を本気で活かそうとすれば、

払った金額以上に得られるものが多い
という事がわかります。

これは大学生に限った事ではなく、
社会人にも言えることです。

例えば僕なんかでも、
全く利用してないサービスに
無駄に毎月課金していたり、

毎日の暮らしの中で、
どれだけの時間を
無駄に捨てているかわかりません。

それは、お金に変換して考えると、
かなりの損失を出している事になります。

実際にいま、一万円札をこの場で
破り捨てろと言われたら
絶対にそんな事は出来ませんが、

その1万円と同じくらい貴重な時間を
毎日のように平気で捨てている事には
気づいていないのです。

時間を具体的にお金に変換して考えることで、
普段の自分がどれだけもったいない事をしているか
気付く事が重要です。

2.寿命について

再度質問です。

あなたの寿命を1年分売ってくれ
と言われたら、
一体いくらで売りますか?

人によって差があると思いますが、
自分の大切な命を削ると考えれば、
多くの人が高額な金額を提示すると思います。

例えば僕だったら、
いくら積まれても売りたくないな
と思っちゃうわけです。

それだけ自分の寿命に
価値を感じているにも関わらず、

普段、無駄な時間を過ごすことには
全く危機感を感じていない人

多いと思いませんか?

『時間=寿命』

という事を覚えておくことで、
常に命を削って過ごしているこの1分1秒を
より有意義に使おうと意識出来ると思います。

23.9という数字

『23.9』

この数字を見て、
何を表しているかわかりますか?

これは昭和20年の男子の平均寿命
と言われているそうです。

やる気 モチベーション 上がる

信じられないかも知れませんが、
今から80年前くらいの時代では、
30歳まで生きられない人が沢山いたんですね。

そんな時代に生きた人達であれば、
きっと若い時から1日1日を
本気で生きていたはずです。

では、今を生きる僕たちはどうでしょうか。

安全な国に生まれ、
便利な世の中で生活しているうちに、

明日もまた平和な1日が訪れて、
今後も永遠に平和な生活が続く、
と思ってしまいがちです。

人間にはいつか必ず死が訪れます。
そしてその日は刻々と迫ってきています。

あの有名なスティーブ・ジョブズ氏も、
毎朝、鏡に映る自分に向かって、
『今日が人生の最後の日だとしたら何をすべきか?』
と、自分に問いかけていたと言われています。

やる気 モチベーション 上がる

一日一日を、人生最後になるかも知れない
貴重な24時間だと認識することで、
毎日を真剣に生きる努力が出来ます。

真剣に生きようとすれば、
時間を有効に使えるので、
多くの事に挑戦が出来るようになります。

その結果、多くの夢を実現し、
後悔のない充実した人生を過ごす事が
出来るようになっていくはずです。

さいごに

今回は、
『やる気のなかった大学生300人を感動、
本気にさせた伝説のスピーチ』

という講義の内容を、
僕の観点からまとめてみました。

常に『時間を有効に使わなきゃ』
と意識し過ぎても疲れてしまいますし、

無駄な時間も実は無駄じゃなかったり、
人間には時には休息も必要だと思います。

ですが、『時間の価値』や『寿命』
について真剣に考え、

自分の人生を豊かに変えるための
学びは絶対に必要です。

人間は何でも忘れてしまう生き物なので、

つい時間を無駄に使っていたり、
やる気が上がらないと感じた時には、

定期的に今回の内容を思い出して、
やる気、モチベーションを上げてもらえたら
嬉しいなと思います。

今回も最後まで読んでいただき
有難うございました★

良かったら動画もご覧ください!

今回参考にした動画

やる気のなかった大学生300人を感動、本気にさせた伝説のスピーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です