カメラ転売初心者は『利益を出す』よりも『経験を買う』という意識が大事 と、あるコンサル生の奮闘記

ユーランです。

4月に募集したコンサル開始から
2ヶ月目に入りましたが、
最近では月収10万を超すコンサル生が
続々と増えてきました。

最低でも月に20個くらいは
仕入れ、販売をしている方であれば、
恐らくほぼ全員が今月中に
月収10万を超えてくるかなと思います。

指導通りに行動した結果、
しっかりと結果を出してもらえるというのは
指導者としても、非常に喜ばしいです。

それと同時に、コンサル生全員を
稼がせたいという気持ちが
以前よりも強くなってきました。

カメラ転売

日報での決意

そんな中、まだあまり成果の
出ていないコンサル生からの日報で、
こんなコメントがありました。

———————–

経験を積みたいので、
仕入れ時の見込み利益額を下げて、
多くの商品を仕入れるようにします。

———————–

その日報に対しての
僕は以下のような回答をしました。
※わかりやすく編集しています。

———————–

そもそも累計で数個しか売っていない人は
圧倒的に経験不足なので、そんな人の
見込み利益額はあてになりません。

多少の赤字を出しても
1ヶ月で100個売った人と、

微妙な利益のまま
半年かけて50個しか売らなかった人、

半年後の状況を考えたら、確実に
前者の方が成長も早く、そして
大きく稼げていると思います。

ある程度正しい手順で仕入れていれば、
カメラ転売で大赤字になる事はありませんが、

僕なら赤字になったとしても、
経験を買う方を選びます。

———————–

利益を出そうとするから動けない

カメラ転売 利益 経験

仕入れをする際のマインドとして
絶対に利益を出そうとすると、
どうしても臆病になってしまいます。

利益を出したい気持ちが強くなるほど
赤字が怖くなるのは、人間の心理的にも
当たり前です。

そうなると、経験がないにも関わらず
確実に利益の出る商品しか
探そうとしません
ので、
なかなか仕入れが出来ません。

ですが、
『失敗しても良いから経験を買うんだ』
という意識であれば、
多少の失敗を恐れずに行動ができます

カメラ転売では、
指導通り行動していれば
赤字になる事もあまりないですが

例え本当に失敗した場合でも
『良い経験が出来た』
失敗の経験も前向きに捉えられるので、
挫折する事はありません。

僕も多くの失敗をしてきましたが、
いまカメラ転売で稼いでいる人に関しては
必ず過去に多くの失敗をしているはずです。

という事は、稼ぐためには、
出来るだけ早く、そして
沢山の失敗をした方が良いのです。

(コンサル生の場合は、
仕入れ後のチェックもしているので、
大きな失敗もあまりないはずですが。)

宣言する事の重要さ

この書き込みをくれたコンサル生の方は、
ある程度作業時間の確保が可能で
やろうと思えばかなりの作業が
出来るにも関わらず、

今まではあまり行動が
出来ていなかった方でした。

ですが、
この日報のやりとりの後、

まずは経験を積むために
とにかく仕入れをします!
目標仕入れ個数を達成しなければ
切腹します!

と、全体が見ている日報で
宣言をしてくれました。

切腹とは良い言葉ではありませんが、
未達成のときは本当に切腹してもらう予定です。
(冗談・・・です?)

多数の人の前で宣言をして自分を追い込む
という方法は、行動するきっかけとして
かなり有効な手段の1つです。

ですが、書き込みやすい雰囲気の
コミュニティとはいえ、

全体に目標を宣言するのは
勇気が必要な行動です。

そんなコンサル生の書き込みを見て、
嬉しくもあり、頼もしくもありました。

宣言した結果・・・

その後、このコンサル生は
日々行動するようになりました。

行動すると、その結果に対して
多くのわからない点や疑問が出てきます。

そして、毎日のように質問が来るようになり、
最近の日報では、しっかりと利益の出る
仕入れ報告をしてくれるようになりました。

今のまま行動し続ければ、
すぐに月収10万くらいはサクっと
達成してくれると思っています。

そして、出来ればこの記事の続きとして
良い結果を報告出来たら嬉しいなぁと
思ってますので、記事の続きがなければ
その時は、お察しください。。

『利益を出す』よりも『経験を買う』の意味

初心者の方で、仕入れられないと
言っている人の大半は、

経験の浅いうちから、絶対に
利益を出そうとしている人
だと思います。

そうなると、結局仕入れ個数が少なく
成長も遅いので、長期的に考えると
損失の方が大きい
と思います。

ですので、やはり始めの段階では、
『利益の出る仕入れをする』よりも
『薄利でも仕入れて経験を買う』という意識で
仕入れに取組むことをオススメします!

今回は初心者の方に向けた内容でしたが
少しでもお役に立てれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です