中古品の状態の見極めが出来ない人は新品せどりしか出来ない。

ユーランです。

先日、コンサル生と
オンライン仕入れ指導をしました。

※オンライン仕入れ指導についてはコチラ
http://yuuran.com/archives/289.html

コンサル生の悩みとしては
多くの商品をリサーチしているのに
なかなか仕入れが出来ない、という事です。

実際に画面を見ながら
コンサル生の仕入れを確認してみると
その原因がハッキリ理解出来ました。

原因を一言で言うと
中古品の状態の見極め方が厳しすぎる
という感じです。

※カメラ転売では基本的に
相場の幅が広く、利益を出しやすいため
中古品をメインに扱います。

カメラ転売 中古

小さなキズでもジャンク品?!

仕入れ指導をしながらのリサーチの最中、
液晶部分に小さなキズが2本入っている
デジタルカメラがありました。

写真を見る限り、使用上は、
特に気にならない程度のキズで、
機能的には撮影にも全く影響がありません。

僕からすれば、美品レベルの商品
という判断になるのですが、
そのコンサル生からすると、
『ジャンク品として考えていた』
という判断でした。

確かに中古品の、
『キレイ、汚い』
の感じ方はそれぞれの主観によって
大きく異なります。

もちろん、撮影に影響のあるような
粗悪品を正常品として売ったり
不具合を隠して販売していると
長期的に安定して稼ぐ事はできません。

それは仕入れスキルとは言えませんし
ただの詐欺です。

ですが、撮影に全く影響のない
キズや汚れを気にしすぎて
全てをジャンク品として判断してしまうと
中古品で稼ぐ事は困難になります。

そんな状態では、新品のせどりしか
出来ない人になってしまいます。

今回の仕入れ指導では、
その辺の価値観についてしっかりと説明し
今までなかなか仕入れられなかった原因を
理解してもらいました。

このコンサル生の場合、
状態の見極め方が改善されれば、
今後はもっと多くの商品を
仕入れ対象として判断出来るので
自然と仕入れ数も増えていくと思います。

もしカメラ転売に取組んで居る方で
全く仕入れが出来ない!

と、悩んでいる人は、
中古品の状態の見極め方が
厳しすぎないか?

という点を振り返ってみると
仕入れの範囲が広がるかも知れません。

という事で、今回は以上です!
参考になれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です